読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

青い音

雙調=Gが規準の調子です。

東の音。

だから、春の音。

で、青い(あるいは緑色)なんです。

青龍です。

壱越から移調した曲がとてもみずみずしい曲になります。

全体を通して実際の演奏ではレアなGが頻繁に出て来て、

各管の音程にそれほど差がありません。

切るところはちがうからべた付けって感じではないですね。

先日、青龍妙音弁財天さんにお参りしたときにこういう感じでした。

まさに、

都の東(正確には丑寅か)=青龍。

気温は低いけれども、もう陽の光は春。

「軽く、かるーくね」

そういう音です。

今年は吹ける雙調の曲を増やそうキャンペーンをはります・・・いや、去年もそうだったような気がします。

で、「陵王」「颯踏」の唱歌をやって、

さっき、

実際に吹いてみました。

・・・楽しい。

壱越調からの「移しもの」の曲が多いですが、

単に移調しただけではなく、

新鮮なフレーズがたくさんあります。

新しい曲に取り組むのは楽しいし、

不思議と、全然できなかった別の曲のあのフレーズが知らないうちにできるようになっていて不思議です。

螺旋階段みたいだ。