読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

美術部

愛知県美術館で開催中の「ゴッホゴーギャン」展を観て来ました。

 

正直、有名どころは苦手です。

混んでいるわりに「・・・とその周辺」展みたいになっていることが多いから。

 

展示のメーンタイトルの作家が客引きパンダになっていて、

実は大半が同時代や同系統の作家の作品ばっかりだったり。

 

しかし、

ゴッホゴーギャン」展は違いました。

 

ほとんどがこの巨匠たちの作品ばかり。

 

時系列で、

2人が出会う前、

出会ったあとの共同生活をしているとき、

その後、

 

の構成で作品が展示されていました。

 

それぞれの時期の作品の特徴が分かりやすかったです。

 

基本、私はキャプションを読みません。

そこまで読んでいると時間もエネルギーも使いすぎてしまってへとへとになるから。

 

キャプションの情報は図録を買えば読めますから、

会場では「モノ」に集中するようにしています。

 

私よりも先に観にいっていた方の話によると、

ミュージアムショップがやばい」

と。

 

ええ、

その通りでした。

ゴッホの作品をプリントしたポーチは中味をあけると・・・

f:id:tsubakidoh:20170315195252j:image

 

風邪予防グッズが入るようになっていて、このプリント・・・
f:id:tsubakidoh:20170315182751j:image

このポーチを買うと、

龍角散のキャンディーを2本、いただけますよ。
f:id:tsubakidoh:20170315182750j:image

 

この他、

ゴッホになれるパック、

ゴッホゴーギャンに扮したポムポムプリンのキーホルダーなど、

なかなかパンチがきいていました。

 

有名どころの展示はがっかりすることが多いですが、

この展示には満足しましたよ。

 

会期は3/20までです。