カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

ならたび1

夏に近鉄四日市駅でこの看板を発見しまして、

ずっと「今日」を狙っていました。
f:id:tsubakidoh:20161128174756j:image

 

この仏さまが特別拝観できるのです↓

www.kinpusen.or.jp

 

中学2年から奈良の寺院を訪れては、

芸術作品としての仏像を楽しんできました。

 

「やっぱ、慶派だよな・・・」

 

如来よりかは菩薩(かざりがいっぱいついてる)。四天王、十二神将八部衆、最高!」

 

ええ、

 

ビジュアル好み規準で軽ーく接してきましたとも。

 

年齢を重ねるにつれ、

どこにお参りにでかけても美しいものに触れる喜びよりも「憑かれ」によるダメージが勝るようになり(当時は気づいていませんでしたが)、

しばしの古社寺巡礼中止。

 

昨年うけたセッションでのアドバイスを実践することで「憑かれ」の自覚と解消が可能になり、寺社参詣再開です。

 ********

 今回の旅程は、

 

金峯山寺・・・特別拝観中の金剛蔵王大権現をおまいりに

天河大辯財天社・・・来年用のお神札をいただくため

長谷寺・・・これまた特別拝観中の観音様をおまりに

石上神宮・・・奈良寺社参詣おきまり

 

暗いうちに出発して約3時間。

 

あっさり金峯山寺に到着。

吉野=辺境の地(大海人皇子とか源九郎義経とか後醍醐天皇)とは今は昔。

 

f:id:tsubakidoh:20161128174817j:image

標高高めで紅葉は終盤。

 雨が降ったり止んだりのお天気でしたが、

雲が低くたれこめてそれが美しい。

 

駐車場に車を置いて坂道まじりの参道を歩くこと10分。

 

わかりやすい入り口に到着。
f:id:tsubakidoh:20161128174843j:image

 

修理中の仁王門。

おーっきい。
f:id:tsubakidoh:20161128174903j:image

 

仁王さんたち。
f:id:tsubakidoh:20161128174928j:image

 


f:id:tsubakidoh:20161128174944j:image

 蔵王堂へ。

 

やはり、

 

おーっきい。


f:id:tsubakidoh:20161128175004j:image

おまいりしてみて、

修験道について知りたくなりました。