カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

でしょ?

ひさかたの 

ひかりのどけきはるのひに

しづこころなく 

はなのちるらむ

紀友則

作品のタイトルをきめるときに参考にした歌。

正直、タイトルはどうでもええ、と思っていたものの、かといって「untitled」てのも格好つけ過ぎやんか。

なら、見た人の印象を参考に、と思ったのさ。

本人は石を描いているつもりだが、

見た人は「光」だという。

本人が「光をかくぜ!」と思っているのなら、ストレートにそうタイトルをつけるところだが、

ちょいずれているからど真ん中のタイトルは気持ち悪い。

で、「光」を表す言葉を探したの。

光の枕詞をね。

色々あったけれども、マニアックすぎるのもどうかと思って「ひさかたの」ってした。

上記の紀友則の歌は一番最初くらいに習う和歌で、知名度は抜群だと。

そしたらさ、

わからん、知らんってね。

私はそんなに真面目な学生じゃなかったけど、

この歌はよくおぼえてるよ。

なーんとも当たり障りがなくって(どろどろ恋歌じゃない、ところとかね)、

美しい。

枕詞もお勉強できる。

しづ心もなんもなく、花を散らす犬子。

離れて住む弟がその作品をみて、

「ねーちゃん、紀友則が好きなの?」て。

いや、

「光」を直接的に表現したくなくて、でもよく分かりそうな言葉をえらんだんだよ、と言ったら納得してた。

ついでに、でも「そんな歌はしらん」って言われるんだよ、と言うと、「まじでか!?」ってなってた。

ちなみに、弟もそんなに真面目な学生ではなかった。

なんだ?

今は和歌を習わないのか?

それとももっと他の和歌を習うのか?