カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーと放課後BBSHをつらつらと。基本は酔いどれ日記。

I'm ready!

スクールでは年に1回、アートの展示かパフォーマンスが必須課題として提出が義務付けられています。

 

昨年度は篳篥をあらかじめ録音していった音源に合わせて吹きました。

バリバリの古典で壱越調の蘭陵王を時間制限があったので半帖までで。

 

篳篥は私の得物の中で一番コンパクト。

 

そういう理由で、一番苦手意識が強いこの楽器をパフォーマンスに選びました。

 

やはり海外では三味線の方が和楽器としては有名で、

 

「次のパフォーマンスでは三味線!」

 

のリクエストが来ております。

 

期待されるとおねーさんは全力で答えちゃうよ・・・

 

まずはその予行演習のために、

明後日からの渡米で三味線を持っていきます。

 

私の得物(筝、三絃、17絃、笙、篳篥)の中ではいちばん得意と思われているのが三絃(三味線)。

海外に持ち出すにはちと面倒ながら、

できなくはなさそう、ということで、

まずは機内持ち込みするために三つ折りで運ぶことに。

長いままだと中棹の地歌三味線(九州)は手荷物収納スペースに入らない(かも)と思いましたので。

 

実は、今まで三つ折りにしたことないんだよね。

 

でもこれはいい機会と、挑戦。

憧れの柳川三味線だと皆さん三つ折りにしておられるから、さ。

いつかはやるんだろう工程の予行演習よ。

f:id:tsubakidoh:20171209163611j:plain

何かあると嫌なので練習用のを持っていきます。

これが分解前。

 

そしてついに・・・

f:id:tsubakidoh:20171209163622j:plain

YouTubeで調べてやって見た。

意外とあっさり完了

 

f:id:tsubakidoh:20171209163647j:plain

収まりました。

念のため、鼈甲撥ではなくプラ撥を持っていきます。

駒くらいはいいかな、と駒は水牛のまま。

 

私の場合はJALアメリカン航空を使います。

JALはともかく、アメリカンはいつも荷物がパンパン。

楽器の機内持ち込みはなるべく早めに搭乗するのが得策のようです。

今回からは優先搭乗できるようになったので手荷物として機内持ち込みすることにしました。

 

かつて、アメリカで柳川三味線の演奏とレクチャーをなさった京都当道会の津田先生は、ご自身で皮の張替えができたか最も繊細な三味線の皮(「八つ乳=やつち」と言われる生後半年以内の雌猫の皮)を必須とする柳川三味線を持って単身渡米できたのだそうです。

 

そこまでのおおごとではないけど、

幾分繊細な楽器なのでまずは実験、です。

ぬくぬく

私は暑さに弱いです。

f:id:tsubakidoh:20171105211517j:plain

我慢しなさい、と言われればできます。

でも苦手。

一番影響を受けるのは皮膚。

暑いと炎症が出やすくなるから。

 

正直、

皮膚がどうもなかったらなんぼでも暑いのに耐えるよ。

 

真夏の京都の真ん中で、

夏物とはいえ着物で居られる。

そんな物理的なしんどさなんてどうってことない。

 

冬も薄着。

 

お風呂も長くは浸かれない。

 

でも実はそれは表面的な暑さで、

「冷えのぼせ」

の状態かもしれない、と思ったので試しに、

ベーシックな「冷えとり靴下」を試して見ました。

推奨されている時間お風呂に浸かるようにしたしね。

 

ベーシックな「冷えとり靴下」

ってのは、

絹、ウール、絹・・・の順番で’靴下を履き重ねること。

6枚重ねて効果がで始めるとか。

 

日中はやらない。

 

そこまでこだわるほどではないから。

 

完璧ちゃんだっった昔なら、日中もやっていたかも。

 

今はふんわり、適当に。

 

夜だけ、とかお休みの日だけ、とか。

f:id:tsubakidoh:20171104183923j:plain

エプソムソルトのお風呂であったまった後に靴下を履いて見ると、

なんか、すんごい良かった。

 

これって「愛」だわー

 

ぶっ飛んでるけど、そういう感じだった。

 

温めることはお祓いにも良いらしく、

睡眠の質が上がりました。

 

寒くなってきたので最近は靴下に加えて湯たんぽも投入。

電気毛布は電磁波が半端ないのと、

すごく乾燥するらしいので使いません。

 

お祓い生活に入る前は、

湯船に浸かるのが嫌

やたら薄着(真冬にシャツ一枚とか)

だったので、

温まるのはとても重要なこのとのようです。

 

ちょっと油断するとこれらの要素は、

「まあ、ええか」

って後回しになりがちです。

 

「それは本当にあなたの直感かな?」ってことです。

 

ストーリー

久しぶりに神楽をご神前で歌って、

 

神楽に限らず地歌でも何でも、

歌うとき、

歌い込む過程でその歌詞を頼りにストーリーを自分なりに作っているなー、と気づきました。

 

f:id:tsubakidoh:20171124183442j:plain

そう言われれば歌詞がなくても、やっているな。

 

その作業がすんなりできた曲や、

長期間取り組んで徐々にそのストーリーが明確になって行った曲は反応が大きいです。

 

当たり前のことなのだろうけれども、

きょう、

改めてそう思ったのです。

 

”あめつちの 神にぞ祈る 朝凪の 海のごとくに 波たたぬ世を”

 

Dangerousな持ち歌は数多あって、

それらのエゴエゴしさも人間らしくて好きだけれども、

最後はこう言う心持ちに至ることができればいいな、と神楽「浦安の舞」を思い出しつつ。

脊髄反射で

今日はお久しぶり龍笛さんと本番演奏でした。

 

誠実で謙虚なその方をそのまま表現したような演奏をされる方で、

それだけでもすごいなーと思うのですが、

以前にその方が1人で練習しておられたのを遠くから聞いた時に、

実際には聞こえるはずのない篳篥や笙の音色が聞こえてきたのです。

 

(この話は何度も書きましたが、また書きます、これからも書きます多分。) 

 

そう言う素晴らしい方との久しぶりの合奏でやや緊張しました。

f:id:tsubakidoh:20171203174352j:plain

そしてお久しぶりの神楽の歌担当。

数年前まではその神社での奏楽=神楽の歌担当だったのですが、

歌える人が限られるのはいけない、と言うことで私が歌うことはほぼなくなりました。

 

神楽は男性の声域で歌うように作られています。

ですので、女性が歌う場合は1オクターブ上で歌うことになる・・・と思います。

声がかなり低い私にはこれがなかなか辛い。

 
f:id:tsubakidoh:20171203174429j:image

 それでも、

合奏も歌もなんとか無事に終えまして、

 

吹きやすかった

歌を久しぶりに歌っていただいてよかった

 

と言っていただくと、普通に嬉しいものです。

 

 

晩秋の伊勢③

もう10日以上前のことになりますが、

このあいだの伊勢旅行では面白いことがいくつかあったので書きたいと思います。

 

平成29年11月18日は日本のスピ業界ではちょっと有名な日だったようです。

スピな皆さんに大人気の天河大弁財天社で特別なお祭りがあると言う話だったのです。

なんでも、数年前の大洪水で御神域の一部が土砂崩れにあったところ、古文書が発見されたと言うのです。

それによると古くは国常立神がお祀りされていたと言うので、

この度その復活祭的な(ざっくりで申し訳ない)神事をなさるという。

 

f:id:tsubakidoh:20170421173900j:plain

天河の鳥居。いつも駐車場から入るから「あー・・・ってなる」

私は2年前に初めてお参りして以来、気が向いたらふらっと出かけていました。

弁天様は芸能の神様ですし、私の干支の守り神様でもありますので気にはなっていたものの、

スピ系の方に人気、と言うのが引っかかって敬遠していたのです。

だいたい、パワースポットだなんだって言われるところは出かけるとパワーを削がれることがほとんどだったので。

 

でも勇気を振り絞ってお参りしたら好きになりすぎて気づいたらお札を買っていました。

 

たまたま、めったにないことにそのお祭りの日は休日でした。

でも、好きなだけでそんな大勢の人が集まる時に出かけるのは危険すぎるので、

まあ落ち着いたらお札を納めがてら出かけよ、と思っていました。

 

そうしたらば、

この日にスクールの仲間と伊勢に行くことになったのです。

 

f:id:tsubakidoh:20171118174154j:plain

前日に交換セッションをしていたものの、

実はお互いによく知らない、

そういえば実際に話をしたのってトータルで数分程度。

 

それでも不思議と話題に事欠いたわけではないのですが、

なんとなく、その天河の特別なお祭りのお話をしたらば、

 

「私、今日は天河のおふだを持ってきているのです」

 

とおっしゃる。

 

前回に伊勢を旅した時に奈良方面も回ったそうで、

その時にいただいて来たおふだとのこと。

 

なんだろねー、

と面白がりつつお伊勢参りを進めましたとさ。

晩秋の伊勢②

内宮さんからバス停2個分のところにある月讀宮をお参りしてお参りツアーは終了。

 

ここからはエンターテイメント=おかげ横丁&おはらい町観光です。

まあ、

主に呑み、ね。

 

この小旅行でお互いが呑める人と判明したのでまた楽しみが増えました。


まずはおはらい町の入り口付近にあったお店でアワビ。

 

一口で終了の¥750・・・。

「伊勢っぽい!」

と喜んでいただけましたので一安心です。
f:id:tsubakidoh:20171118174300j:image

 

この後に、

いよいよ本命の「白鷹」さんへ。

 

樽の香りがほんのりと残った特別純米酒をいただきます。

1合と5勺を選べるので、私は迷わず1合を。

お店のおじさま、

「1合ってこのサイズですよ」

とご親切にも器を見せてくださいましたが、

未だここのお店で5勺を頼んだことはないよ。

美味しいからお酒だけでいけます。

左側が1合・・・私の、ね。

右側は友人。5勺を注文。
f:id:tsubakidoh:20171118174333j:image

自宅に神棚がない友人はなんと、内宮さんで神棚を購入。

 ややハイテンションだったようです。

 

今回でお守りを新調しました。

スクールでは今の学年を象徴する色が黄色、ということで黄色いお守り袋にピン!ときた月讀宮のを求めました。
f:id:tsubakidoh:20171118174346j:image

 荒御魂の方の守祓も購入。

神職さんが中に収めてくださいました。

 

実はこの日まで皮膚の調子が激悪でどうしたもんかと思っていました。

今回ばかりは原因がいよいよ不明でしたから。

 

しかし、

この伊勢旅行の後、急激に改善。

 

ありがたいことに何がしかのお助けがあったようです。

晩秋の伊勢①

スクールのお友達と晩秋の伊勢へ。

 

関東在住の方なのにわざわざこちらまで出かけて来られると言うことなので、

そのついでに伊勢へ行くことになりました。

 

不思議に色々噛み合っての伊勢行き。
f:id:tsubakidoh:20171118174159j:image

 

不思議な符牒がいっぱいありました。

 

日程(11/17,18)

各々持ってきた想い

この旅行中に判明した共通する人間関係

 

それらはおいおい書いていくことにします。

********

お友達は10年ぶりのお参りということで、普通のコースをご案内。

 

まずは、近鉄伊勢市駅まで行きまして外宮さんにお参りです。

本当は、二見興玉神社から始めたかったのですがあいにくのお天気なのと時間が限られていましたので。
f:id:tsubakidoh:20171118174040j:image

 8時40分頃の外宮さん。

恒例の「大晦日BBSHJ伊勢お礼参り」の時よりも時間こそやや遅めながら人は少ない。

 

前日の夜からの雨が続いていて傘無しには歩くことができませんでしたが、

この雨のおかげでいつもより空気が綺麗です。

 これは本当に助かりました。


f:id:tsubakidoh:20171118174105j:image

外宮のお次は月夜見宮へ。

去年末に初めてお参りして好きになりました。

なんかあったかいんだよね〜。 

御神域では雨合羽を着て落ち葉を一枚一枚手で拾ってお掃除なさっている方がいらっしゃいました。

大きな木の前にはまた別の方が箒で集めた落ち葉が。

 

そして、その掃除をなさっている方たちに、

 

「お風邪を召されないようになさってくださいね」

 

とお声をかけておられる神職の方。

 

素晴らしいな〜

 

と思いました。

 

御神域にお邪魔してその空気に触れるのも神様とのコンタクトとしてありだと思うのですが、

こういうちょっとした、でも相手を純粋に思いやる気持ちの表出に出会った時は本当に深い感動を伴って「神様」を感じます。

 

さて、

外宮からはバス。

内宮さんの前で猿田彦さんにお参り。

猿田彦さん、好き〜。

 

内宮さんでは宮川の清き流れから。

紅葉半ばでグラデーションが美しい。

雨で煙っていて宇治橋から望む神路山は隠れていました。
f:id:tsubakidoh:20171118174200j:image

流石に御正宮は人が多くてバタバタしましたね。 

 

一方、荒祭宮も今回はゆっくりお参りできました。

 

そして、

年末に来てもあまり人のいないこちら↓は大好き。

風日折宮。

宮川を渡る位置関係にある。
f:id:tsubakidoh:20171118174158j:image

「なんか知らんけど、この風の神様、好きなんですよね〜」

という話からホロスコープの話題になり、

私の太陽星座が風の属性であると教えてもらいました。

帰宅後に月の星座も調べてみたらそちらも風。

ふーん、、、なんか関係あるのかな〜。

 

内宮を一旦後にして、

月讀宮へ。

 

こちらも人が少なくて快適。

f:id:tsubakidoh:20171118174237j:plain

 お参りはこれにて終了。

 

この後もう一度内宮方面に戻って、おかげ横丁&おはらい町にてお食事です!