カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

お祭りH,29

どういうわけか市民展は「お祭り」という感じがする。

 

公募展だから、ではない。

県展は「お祭り」感があまりないから。

多分、

市民展の会期の短さがその感覚をもたらしている。
f:id:tsubakidoh:20170713212627j:image

 今日で市民展は終了。

最終日は表彰式と講評がある。

 

講評は自分の先生以外のプロの批評を聞けるチャンス。

 

また、審査員以外にも、

招待の先生方も会場にいらしている。

職業柄、気づけば先生方や先輩作家さんたちと顔見知り、になっていたりするので、

アドバイスを頂いたりできる・・・役得。

 

職場の都合で講評は聞けないことが多かったけれども、

今年は無理をお願いして講評に参加してみた。

 

自分以外の作品についての評もとても勉強になる。

 

地方の一都市の公募展だけれども、

見渡せばなかなかないイベントのようなので、

これからも続くと張り合いがあるな〜。

 

 

広告を非表示にする