カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

保湿

久しぶりにアトピーの話なのは、

ただいま絶賛悪化中だから。

 

私は勝手なニンゲンらしく、

アトピーの症状を持って40年近くになり、

そのうちで皮膚が普通の人と同じような状態の時期が4年くらいしかなかったわりに、

そこそこ改善していると悪い時のことをすっかり忘れてしまう。

 

そして、

時々ぶりかえす昔の症状をやり過ごしているうちに、

ああ、こういうの、あったな、と。

 

ひょっとしたらこれは単なる悪化で、

ホメオパシーでいうところの改善の過程にある一時悪化ではないかもしれないのに、

なんとなくのんきに構えている。

 

そして、

そうしているうちに悪化が進む。

 

今回の悪化はおそらく、

スクールの影響と関係があって、

スクールが明日から始まろうとしている今、悪化の様子はピークを迎えつつあるよう。

 

今回の悪化についての良いお知らせは(私にとって)、

長らく症状がなかった足の膝裏が悪化していること。

 

ここは昔からの部位で下半身。

ホメオパシーにおけるヘリングの治癒の法則を少なくとも2つをカバーしている状態。

(上から下に症状が移る時は好転、昔の症状が出たら好転)

 

所謂、

病像が分かりにくくなるので薬は塗らないけれども、

保湿はしようか、というところですがこれがまたやっかい。

 

保湿剤なら何でも良いかというとそうでもないらしい。

 

今迄は、

薦められるままにサメ肝油成分「スクワレン」(「スクワラン」よりも酸化が進んでいないもの)を塗っていました。

 

しかし、

塗ると、なぜか痒くなる・・・痒いのともぞもぞするのが一緒。

当時は炎症を起こしやすい状態だからそういう風に感じるのかと思っていました。

そいつを薦めてくれた方々は、

「細胞を活性化する力が強いからそう感じるのかも」

なーんて言っていたけど、

結局、却って悪化するような気がして使うのをやめました。

 

それならどんな保湿剤がいいかしら、

と今回から試してみるのがこちら↓
f:id:tsubakidoh:20170607081330j:image

アバターです。

 

頼まれた買い物で訪れた免税品店で買いました。

 

これは塗った後もなんの違和感も生じないのでいい感じです。

 

一口に保湿剤と言っても、

それぞれに合う、合わないがあるのだな、と実感しました。