カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

ベース


f:id:tsubakidoh:20170112215220j:image

午後の稽古前に珍しく四条通を東に歩きました。

久しぶりの八坂さん。

 

須佐之男命蘇民将来さんなどなどのお社にお参りしました。

こんなに色々お祀りされてたっけね〜。

 

前回にお参りしたときは逃げるように境内を出た記憶しかない。

f:id:tsubakidoh:20170112215239j:image

 

真の目的はこちら↓だったのです。
f:id:tsubakidoh:20170112215300j:image

 ネットでね、

よく拝見している方の個展がちょうど初日で、

現代アートを云々、ってタイトルだったから、

この方のフィルタを通って(現代)アートがどう表現されるか関心があったの。

 

うん・・・コンセプトはなんとなくわかった。

 

それは普段からこの「作家」さんが仰っていることのエッセンスと共通するものを感じました。

 

f:id:tsubakidoh:20170112215320j:image

 箏曲三絃にしても、

絵画にしても、

はじめは古典に学びます。

 

高く飛ぶには土台が必要ですから。

 

基礎問題があっての発展問題。

 

そこをすっとばすと、

その表現はなかなか痛いものになります。

 

時には暴力にさえなる。

 

f:id:tsubakidoh:20170112215336j:image

表現者にとって、

型を身につけることはつまらない作業かもしれないけれども、大切なことなんだな、と。