カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

それも私の一部

LowerSelfってやつです。

 

とってもパワフルで、

ある意味、正直。

 

「めんどくさい」

 

「あとでいいや」

 

私の場合、

こんな言葉が出てきたらそれはLowerSelfちゃんが言っている・・・と最近分かった。

 

でも、

その表裏一体のところにHigherSelfがいるんだと。

 

我々は両方を手に持っていて、

選択する権利は我々に与えられている。

 

Lowerの状態 だけでは居られないのと同じくらいに、

Hgher状態 だけでも居られない。

 

どちらを選ぶにしても意識的であるか否かが重要・・・と今のところは思っている。

 

 

復学の準備をするにしても、そう。

 

パスポートを準備する

航空券の予約をする

宿泊先をおさえる

スーパーバイザーを決める

 

そんな簡単なことなのに進まなかったりする。

 

さて、ようやく宿泊予約が解禁されたわ、と思ったら

 

卒業生からスクールに関する情報がもたらされて、

またそれに振り回されそうになる。

 

日本校撤退の憂き目にあっているので不安が不安を呼び、

必要以上に疑心暗鬼になる。

 

いっそ、現場を目撃している在校生に連絡しよう!

 

と思い切ってコンタクトを取り、

事実・・・というか物質レベルでの変化を確認する。

 

大概のことで私の意志は、意図は全くゆるがない、と予想していた通り、

 

「なんだ、そんなことか」と。

 

その話によれば、

私が復学しても

懐かしい人たちには会えないかもしれない。

 

Year1の講師陣の1人で、バーバラ講義中、バーバラの指示で私の第6チャクラに蓋したデボラ。

新学年のオープンングレセプションでどういうわけか「キーンさんです」と日本語で話しかけてくれたローリー。

 

私はカリスマのバーバラよりもローリーの方が身近だったし、好きだった・・・ただ、バーバラがスクールに来たときの場の強さはローリーの時の比ではなかったけど。

 

それで復学をやめちゃうの?

 

っていうとそれはまた別の話。

 

私はあの「場」に帰りたいだけ。

 

それをしたからといってどうなるとも分からないのに、

ましてや人体に直接触れてのヒーリングが全く向かない体質なのに、

あの場を志向せずにはおれないその源泉がいまだにわからない。

 

でも、

LowerSelfの状態に入りそうになったときに

その源泉の存在を思うとすぐに戻ってくることが出来る。

 

今の体感はそれだけ。