読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

ルーティーン

雅楽部

練習を減らす理由はいくらでもあります。

 

演奏会がある(1曲しかでないけど)

 

社中の演奏会がある

 

市民展の締め切りが迫っている

 

寝違えた

 

やらない理由を上げていたらきりがない。

 

だから、

もう、

物理的に動ける間はルーティーンとなっている練習をやめない。

 

で、

合奏練習。

 

ちょっとでも長く吹く練習をしないと、

どんどん吹けなくなるから。

 

なんでもかんでも、

こうやって合奏の場に出れば吹かざるをえないから出かけます。

 

不思議なことに、

筝や三絃や17絃はひとりでいくらでも練習していられます。

 

でも、

雅楽の楽器はどれも1人で練習するのがきつい。

 

「そりゃ、笙はそうだよね」

 

と言われますが、

篳篥も一人で吹くのはつらいな。

 

あの龍笛さんや笙との微妙な掛け合いが楽しいから、

1人で吹いているときは、

音程の確認とか

運指の確認くらいしかできない。

よっぽど唱歌を歌っていた方が楽しい・・・篳篥の唱歌のはなしです。笙の唱歌は正直、面白くないです。

 

先日の合奏練習は、

龍笛さんの弟子2が登場かという前情報でしたが、

お役目の都合で延期に。

 

まあ、それでもたまには真面目に、ということで平調からスタート。

 

平調:五常楽急、皇しょうの急、三台塩急、越殿楽、鶏徳、老君子、林歌、夜半楽、陪臚

双調:颯踏

 

最近、「ほぼ休みなしで10曲越え」が続いていてうれしい。