カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

いちのみや三昧3

伊勢国から

美濃国を抜けて

近江国に入り

敦賀国へ。

 

そこから

加賀国へ向かって、

この日の最後の目的地へ。

 

飛騨国一宮水無神社です。

 

前の大戦中に熱田神宮草薙剣が一時避難していたのがこちらだそうです。

 

位山というご神体山をお祀りしている・・・というこを帰ってきてから知りました。

こんな不思議なご神木があったり、

とても大きな杉があったり。

帰りがけに何となく気になるお山に向かってシャッターを切りました。

 

あれが位山だったのかな?

 

聖域の周辺には気になる何かがあります。

 

元々は神様が顕現なさった磐座や

それを含むお山をお祀りしたところから神社が始まっているので、

神社=拝殿に行ったからっといってそれがすべてではなかったりして。

 

個人的には

磐座やお山がなくても、

その聖域の清浄さを保つためのお働きをしておられる存在は付近にあるなあ、

というのが今のところの感想です。

 

神宮の場合は神路山。

 

地歌「御山獅子」でまず登場するこのお山を宇治橋から眺めたときに思いました。

 

この日は位山の情報にアクセスできていなかったので、

拝殿でお参りだけして帰ってきました。

 

いずれ登拝するぞ~!

 

(なんかUFO目撃情報が多い場所でもあるらしく、そのへんはスルーしたいと思っています・・・怖いもん。)