読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

ならたび2

天の管(仮)

このならたびの大きなイベントは、三輪山登拝です。

以前、大神神社にお参りした時はそういうものがあるとは知らず、

拝殿付近をうろうろして「ふーん・・・」と思って帰ってきました。

そのすぐ後に雅楽仲間が

「ご神体山に登ることが出来るんだよ、お参りしていたら神職の人に教えてもらって登った」

とか話していた。

このならたびのために色々調べているうちに、

どうしてもこの登拝を外すことができなくなり、

同行者に提案したところOKが出たのだ。

こちら、大神神社の手水舎。

さすが、おへびさま。

↑これは登拝口にある狭井神社の弁天様。

丁度ささゆりが咲き始めている。

三島由紀夫の「豊穣の海」1部「春の雪」に登場するのもこの大神神社摂社の率川神社とそのささゆり↓

http://www.isagawa-jinja.jp/topics/2016/saikusa.html

さて、本殿でのお参りをすませて、登拝へ。

登拝中は写真撮影禁止。

良い石、

良い木の根がいっぱい。

記憶に焼き付けようにもいっぱいいっぱいであまりおぼえていない。

標高500メートル弱ながら、

階段と急な坂道が続き素人にはなかなかきついものがありました。

途中、いくつかの磐座をお参りしつつ頂上?の奥津磐座へ。

友人はそのエネルギーを堪能していたようでしたが、

私はあんまり近すぎるのはつらかった。

つ、強い、強すぎる。

厳しいよ、いろいろ。

近くで瞑想モードに入っているヒト、

磐座にむっちゃ近づいているヒトなどおられたが、

皆、丈夫いなあ・・・。

もう限界、とそそくさと下山しました。

悪い感じではなく、

私には強すぎた。

でも、

ごもっとも、

な感じもありで、

お参りできて良かったです。