読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

意外とよい

各方面の仕事では手首を酷使します。

額を運ぶ、

マットを手切りする、

筝、17絃、三絃の演奏。

これに加えて日常生活で手首を使います。

最近、大量注文により大量のマットを手切りすることがありました。

小さいものも含めてですが100枚以上。

マットは大きなカッターで何度も歯をいれないと簡単には切れません。

さすがに、手首が痛い、以上に「あかんかも」という感じになってきました。

それほどのことをしていなくても痛む手首。

そういう時に塗るのが「Rhus-t./Rutaクリーム」です。

Heliosの。

Rhus-t.やRuta.の慢性状態対応は別に視点がありますが、

急性症状においてはざっくり、捻挫っぽいときに使いましょー、です。

実はあまり期待していませんでしたが(おいおい・・・)、

塗った途端に患部があったかくなりました。

ほんわか何かに包まれているような。

こういう状態になったときはかなりいい感じです・・・楽になるかものサイン。

それは、急性状態、慢性状態に関わらず、

症状群にまっちしたレメディーを摂った時も同じです。

一晩でかなり改善はしましたが、

同じ状態が続くと元に戻りました。

コンビネーションのクリームでも意外といいな~、というのが今回の一連の流れでの感想です。

そういえば、

犬子がかきむしってしまってなかなか治らなかった傷がCalen./Hper.クリームでたちどころに良い方向へ驀進したもんな。

クリームも積極的に使ったほうが良いのかもね。