カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

昔とったなんとか

ホメオパシー先進国インドのホメオパシーを学ぶ学生さんが

まずまるっと暗記するのが、

AllenのKeynoteなのだそうな。

いやー、そんなの無理無理!

と思っていましたが、にわかに周囲でAllenの暗記大会が始まりました。

それはこの秋の母校が主催する国際セミナーに来ていただいたインドの巨匠の影響ですわ。

今迄も個人的にえっちらおっちら

訳して、

データ化して、

クラウドにあげて、

いつでもスマホでみることができるようにしてきました。

しかし、やはり覚えた方がいいのかしら?

となって、一念発起。

母校の卒業生の声がけでグループ勉強会的なものも発生しているようですが、

わたくし、

こういうのは自分のペースでやりたい方です。

さて、そこでひっぱりだしてきたのがこちら↓

コレクトの情報カード

英語の単文暗記で活躍しました。

大量に残っているので使いましょ!

スペースが限られているので、各レメディーの部位毎に1枚使うことにします。

それで収まらない時は何枚かにわけますけどね。

表にレメディーの短縮していない名前と一般名、

あと植物動物なら科、

鉱物なら化学式を書きます。

部位とその項目にどれだけの記述があるか数で示しておきます。

で、

裏にキーノートを書いていきます。

勿論、原文に忠実に。

これをただひたすら暗記していくのです。

有名どころ、たとえば、

レメディーキットに入っているようなレメディーを優先的に、とか

ポリクレストを優先的に、とかそういうのは一切なし。

頭から、

ただ愚直に覚える。

あ、

カード化する前にざっと暗記します。

これはノートなどに手で書きながら、です。

こういうのは一回では覚えきれない私の脳みそなので、

重ね塗り方式で気長にやります。

思っていた以上に新しい発見があって楽しいです。

いつまで続くかな。