カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

今日は珍しく、

休み&家にいる日でした。

ケースの検討はまとまった時間をどっかで必要とするので、

諸々の下準備を平日に行い、

今日の休みを狙って、レポート化しました。

ルブリクスって、

ケースを寝かしておくと全く予想外のものが出て来たりします。

それ、見落としていました!

でもすごくシンプルで大事なことだよね、ってのを。

絵をかくときも、

意図的に作品から離れてみるときがあります。

そうすると、

つぎにその作品を見た時に、「ここ直して」って作品が話しかけてくる。

同じようなことがケースに取り組むときにもあるな、というのが少ないながらも自分の経験から得た感覚。

合間に、

お客さんの展示を見に出かけて息抜き。

会場にいる9割が知り合いって展開になるこのごろです。

ケースも一段落したので、

来春の作品の準備に入ります。

まずは小さい作品で実験しましょう、という話になっているので、

そのための小さい張りキャンを作ります。

F3とM8。

F3の正方形に近いサイズ感が好きです。

F8も正方形に近いけど、ちょろっと実験ならF3の方が話がはやいからね。

M8は一度挑戦したかった比率。

展示室では空間占有面積が狭いから損、とか言われるけど、

あの細長さって魅力だな、と思います。

買いおきの木枠にキャンバスを張ります。

こういう作業も楽しいのですよ。