カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

祈る

Pathworkの入門編「LS1」の講義を受けてきました。

これで9回目。

クラスのコミュニティーとしての結束もできてきて、

先生的にワークも進めやすい感じかな?

今回は宿題がありまして、

「理想的な自己」を表した絵を描いてくる、

当日はそれと反対の格好をしてくる。

「理想的な自己」の像・・・

(しばし考察)

きちんとした格好・・・着物?黒留袖だと自分の感覚では演奏会ぽいから、付け下げとか色無地とか?

いやいや

いちばん、ちゃんとしてる格好って、

白衣に浅葱の袴だよね・・・そういや私、神職になりたかったけど、

自分の属するジェンダーに違和感があったのと、

より客観的な立場が欲しかったから、やめたんだよね。

結局、思い至ったのが、

中世の武士(日本)の像。

足利尊氏像、みたいなね。

もう、女性ですらない、ての。

武士=強さのマスクでなければ、どうしたいですか?

難しけど、

祈りたい、と思った。

それは理想的な自己像の神職の姿かもしれない。

だとしたら、その下にはまた別の真の自己がいる。

そう簡単には核心には至りませんて。

今のところはそこまでとして、

じゃあ何を祈る?

日本のことだな。

世界までは延伸できないから、まずは日本。

最近、印象的な祈る姿を見た。

偶然に、かな。

あまりにも今の生活に慣れすぎていてすっかり忘れていること。

そう、

ああいうふうにあるべきだよね。