カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

浴衣会

浴衣を着る会、ではありません。

身内だけの合奏練習会という意味です。

浴衣を着るくらいの気軽な気分で、ということらしいです。

だから、浴衣を着なくても良いのです。

来年の演奏会に向けての準備もかねてなので、

古曲新曲おりまぜての演目。

17絃、低筝、三絃を携えて出かけました。

比較的若いメンバーがそろいました。

社中でも先生クラスは来ていないね。

「長崎の海」

「秋の初風」

「吉祥文様」

「木もれ日」

「万華鏡」

「七小町」

「相模野」

「さらし風手事」

「舞扇」

「松竹梅」

「虫の武蔵野」

「川千鳥(すっぽん)」

・・・だったかな。

全部に出るわけではない、勿論。

最初はあんまり気乗りしなかったけど、

前日になると楽しみになっていた。

うーん、やはり、古曲が好きだな。