カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

1年計画

お久しぶり、の17絃。

古曲メインの会で、

私も先生も古曲好きなので17絃の出番は少ない。

どうやら来年の秋に社中の演奏会があるらしく、

現代曲の練習もぼちぼち始まっている。

17絃、好き。

疲れるけどね。

なんせ、出し入れから疲労感ハンパないもん。

でも、好き。

ほぼ毎日のように練習しているのに、17絃を弾き始めると、

「おっきいおこと(17絃やろが・・・)、弾いてた?」

とか訊かれる。

筝よりは断然大きい音がするからな。

17絃を弾くようになったのはここ数年のことなので、

練習から本番までの流れは、筝をはじめた頃にそっくり。

とにかく弾いて、絃の番号と音をリンクさせ、ほぼ暗譜。

慣れていないから手元を見ないと絃を間違えるの。

楽譜を追っていられないからおぼえるしか無い。

そうやって、前回の演奏会の「IZUMI」も乗り切った。

現代曲は合奏してみてはじめてどんな曲か分かる・・・楽譜をみているだけで頭のなかで構成できないからさあ。

だから、練習は正直いってつまらない。

でも、かっこいい曲なら歓迎ですよ。