カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

まさかの決着点

「現実は自分が作っている」とはよく言われることだが、

家庭教師をやっていたころはドタキャン、家に生徒がいない、急な体調不良などなどがしょっちゅうで、

最近は、稽古に来るはずのお弟子さんが来ない・・・電話してみると、日にちを忘れていた、あるいは稽古そのものをすっかり忘れていた、とか。

そういうことが多すぎる・・・。

今日もそうだった。

稽古は共有スペースのはずなのに私物が多い部屋を使っている。

その私物を撤去してからの稽古の準備。

せっかくその私物を撤去したので、そのスペースで仮枠への作品セットをすることにした。

この火曜日の搬入①で必要だから。

オリジンさんのCシリーズ。

久しぶりに自分の作品に使う。

コーナー金具が進化していた・・・そして使い慣れていないせいか、何カ所か負傷。

組み立て終了。

吊り金具は自分で用意してつけないといけないのだが、

用意したねじと自分の電動ドライバーの頭が合わなかったので、明日職場でつけることにする。

本来の予定では仕事が休みの月曜日に作業し、職場が定休日の火曜日に搬入することになっていたので、

今日やっておいてできない作業が判明したのは良い着地点だった。

一昨日にできた作品を額装しようといろいろあわせてみる。

最初のころはシンプルな黒、と思っていたが、

在庫がない・・・このサイズはあまり出ないので後回しになりがちなんだよね。

黒くて個性的なもの、茶色くて個性的なもの、豪華な金、意外と合わせやすいインポート額など、いろいろ試した結果・・・

これ↓

かなり個性的な額だが、置いてみれば自然にまとまった気がする。

偶然にも同じ色が絵の中と額に使われているからかな。

四ツサイズにF4を入れると、窮屈に感じることが多いけれども、この額は棹幅部分がマットの役割もはたしているのか、窮屈ではない。