カンパリみかん

絵画と音楽とホメオパシーとBBSH(放課後)をつらつらと。基本は酔いどれ日記。

忘れた

昨日は仕事でいつもお世話になっている神社の支社にお邪魔した。

この支社の春大祭。

鎮花の行事がある。

気温が上がってくるにつれて増える流行病を疫病神の仕業と考え、

お祭りをすることで疫病神を慰めたり、儀式によってその力を減じたりする・・・と想像している。

山岸凉子さんの『日出処天子』にちょろっと出て来た行事。

去年も花吹雪のなかでのお祭りで、

未だに譜本の間にそのときに降って来た花びらが挟まっている。

今年は曇り時々雨のお天気だった。

で、行きは雨が降っていたので傘をさして行き、

帰りは止んでいたので、お約束のごとく傘を忘れて来た。

今日、たまたま近くに行く用事があったので、傘を引き取りに立ち寄る。

ついでに、昨日の続きのお花見。

まだまだこれからの八重桜。

濃いピンク色。

満開のときのぽってりした様子がかわいらしい。

写真では分かりにくいけれども、素晴らしく大きな枝垂。

地面いっぱいの桜の花びら。

この木もとても大きい。

各種の桜の競演。